知っておきたい税務調査

皆さんは税務調査に対してどのような考えをお持ちでしょうか。



何か調べられて、その後多額の追徴課税を迫られる、そんなマイナスのイメージをお持ちではありませんか。

ちなみに税務調査とは、税務署が納税者の申告内容を帳簿などで確認し、その上で誤りや差異が生じれば是正を求めるの調査のことを指します。



そして、この調査の怖いところは突然やって来るところです。



しかし、割合としては日本全国の法人のうちの約6%程度で、2、3年経過しても1回も来ない可能性だってあります。



基本的には事前通知があり、ある程度の気持ちの整理をつけることができます。


しかし、断ることはできるのですが、稀にいきなり税務調査が入るケースもあります。

意図はわかりませんが、突然の調査で断ると、悪い印象を与えることになりかねないでしょう。



もちろん、脱税をしていなければ指摘や追徴課税を受けることもないので、いつ調べられてもいいように、準備だけは常にしておきましょう。

では具体的にどういった内容を調べるのでしょうか。
まず、売上計上の時期の誤りや操作がされていないかを調べます。次に交際費です。


誰と行ったかなど、どんなことをしたか、誰と行ったか等かなり突っ込んで聞かれることが多いです。



そして在庫、売上の計上漏れや架空の人件費が無いかどうかまで調べあげられ。


源泉徴収簿やタイムカードなどもチェックされることがあります。



税金はみんなのお金です。



不正なく平等にお金が行き渡るよう、脱税等に手を出さないようにしましょう。

関連リンク

突然の税務調査で慌てないために

税務調査とは、会社の税務申告に対して、それが正しいのかそれとも間違っているのか、税務署が調査することを言います。と言っても全ての会社が調査される訳ではありません。...

more

税務調査の基礎知識を身につけよう

日本の会社は毎年必ず税務申告というものを行いますが、その申告が正しいかどうかを税務署が調査するのが「税務調査」です。税務調査はある日突然やってくるため、いざという時に慌てないようにあらかじめ基礎知識を身につけておくのが効果的です。...

more